HOME 会社概要 仕事のご案内 建築・店舗・住宅等の竣工写真、広告写真など、目的に合わせた撮影を行います。

Topics / Photo Essay Vol.25「樹氷原」

樹氷原

樹氷原
 極寒の山形蔵王を訪れた。話には聞いていたが真冬の地蔵山頂は半端な寒さではない。
風が日本海側からシベリヤのお客を伴って吹き付けてくる。
水滴が樹木に付着してそのまま凍結し、そこに冷たい風が雪を運ぶ、そして又凍結して雪が重なる。
その繰り返しによってモクモクとした形相を創りだす。それが樹氷だ。通称スノーモンスターとも呼ばれている。
確かに間近で見ると怪物にも動物にも 心のあり様によっては、鬼にも神にも見えてくる。
だから多くの人が惹かれるのかも知れない。
 1月〜2月の樹氷最盛期に快晴になるのは週1〜2日程度。通常は悪天候が多いと旅館のおかみさんが言っていたのを思い出した。まるで自分の人生のようだな?何てちょっとだけ思った。
 とにかく、山の天気はなかなか予測がつかない。
 2日目の朝、突然、青空が広がった、やけに目がチカチカするなあ、疲れ目かな? と思った瞬間 誰かが叫んだ!
「ダイヤモンドダスト! ダイヤモンドダストだよ…!」(空気中の水分が凍結し太陽に照らされて輝く状態)
美しい! 何て美しいんだろう。寒さも日々の事も、何もかもが一瞬に吹っ飛んだ!
まるで宝石のシャワーを浴びているような束の間の体験。思わず天に感謝‥‥by 濱 覚
(2012.03.15)